赤ちゃんが便秘になったら?新生児乳児も安心な砂糖水の作り方

赤ちゃんの便秘
基本的には、元気で食欲があり機嫌も良いようでしたら、1~2日ほど出なくても問題はないです。
しかし、以下の症状が見られたら便秘の可能性があります。

☆3日以上排便がない
☆食欲がない(母乳、ミルクを飲まない)
☆機嫌が悪く、ぐずぐずと泣き続ける
☆お腹がポッコリしている、張っている

万が一便秘になってしまった時、繊細でとってもデリケートな赤ちゃんになるべく薬は与えたくない。
できるだけ自然な方法で解消したい。

そう思いませんか?

そんな時にお勧めしたいのが「砂糖水」です。

◇砂糖水の作り方

①湯煎などで人肌に暖めた白湯を用意します。

②濃度が「5%」になるように砂糖をいれ、よく溶かします。
(白湯100mlなら砂糖5g)

これだけで完成です。

使用する砂糖については上白糖、グラニュー糖などなんでもかまいません。
1包が5gづつに分けられてるタイプのものも便利でいいかと思います。

便秘解消目当ての砂糖水にオススメなのは、腸内環境を整える作用のあるオリゴ糖です。
※人工甘味料等が多く含まれてるものがありますので、オリゴ糖を選ぶ際は成分等に気をつけて下さい。
できるだけ純度が高いものが好ましいです。

◇飲ませるタイミングはいつ?

授乳の間など、基本的に赤ちゃんの様子を見ながらならいつあげても大丈夫です。
ただし、飲ませすぎてしまうとお腹がゆるくなり、下痢をしてしまう可能性があるので一気に飲ませすぎないようにしましょう。

新生児なら一度に20ml~30mlくらい飲ませられたら充分です。

赤ちゃんが嫌がるようなら無理に飲ませないようにしましょう。

あくまでも目安なので、お母さんと赤ちゃんのタイミングでお互いストレスにならないように与えられたらベストですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です