脂肪と筋肉について|効率よく脂肪を落とし筋肉を維持するには?

筋トレの成果で筋肉量が増えると、基礎代謝が増えるので、何もしていなくても脂肪を燃焼しやすくなります。また筋肉量の増加は活動代謝の増加にもつながります。活動代謝量が増えることは、アクティブな暮らしにつながり、消費カロリーをアップさせます。また、トレーニングにおいて強い付加になればなるほど、運動中は糖質をエネルギー源としますが、運動以外の時間に脂肪もしっかり燃焼するので問題はありません。トレーニングをしっかり行うと糖質が不足するので、直後にブドウ糖や果実を補給し、減少した筋肉中のグリコーゲンを補充しましょう。ダイエットの成功法をご紹介しておくと、ある程度は食事を制限しつつ、その間もきっちり筋トレを行い、筋肉の減少を食い止めることが重要です。さらに、有酸素運動を加えて脂肪をエネルギー源にし、体脂肪のみを落とすことが理想です。これが美しい体形へ近付く最適な方法です。簡単な言葉で言い換えると、筋肉トレーニングをしながら、食事制限、さらには運動を行い、無駄な脂肪だけを燃やすということです。食べるものと運動のバランスが崩れると、体形は崩れていきます。余分な脂肪がなく、筋肉が付いている健康な人は、例外なく太らないライフスタイルを送っていて、時間ができればすぐにトレーニングをしたり、日々良く動く癖がついており、同じ量の食事をするにしても夜はあまり食べずに、しっかり活動する朝と昼にボリュームのある食事を摂っています。再びここで念を押したいのは、人の体を形作るのは、食べたものと運動の結果であるという事です。食事で得るエネルギーを抑え、運動で消費するエネルギーを増やせば必ず痩せます。筋肉は何気ない日常生活においてエネルギー、カロリーを減らしてくれる重要なものです。そこで大事なのが筋トレですね!筋肉を増やす事で日常生活で消費するエネルギーが増え、楽に痩せられる体質になります。しかし、食事を我慢して痩せたとしましょう。脂肪に加えて筋肉成分までエネルギー源に変えてしまうので、筋肉量が減少してしまいます。一度減った筋肉を再び増やすのは大変です。そういうことで、筋肉は落とさず脂肪だけを落とさなければなりません。人の脳では1日に120gの糖質が使われているようです。十分な量の補給がされている間は筋肉の分解は起こりません。これに血球で使われるブドウ糖も確保しなければならないので、1日およそ180g程度が適正量の糖質という事になります。目安として、茶碗一杯のご飯またはコンビニのおにぎり一個が糖質60gと覚えておきましょう。

六つ切りの食パン1枚でおよそ25g程度の糖質量です。他の食材にも糖質は含まれていますが、主食としての目安は糖質は朝食に食パン1枚、お昼に茶碗1杯のごはんが適量です。日常生活で消費しているカロリーは、「基礎代謝」「身体活動」「食事誘発性熱産生(DIT)」これら3つの要素によって構成されています。基礎代謝は最低限の生命活動を維持する為に必要なエネルギーで、寝ているだけでも基礎代謝によりカロリーを消費しています。身体運動とは、活動することによって消費されるカロリーのことで、トレーニングやスポーツ、日常の家事や仕事、通勤など、動くこと全てを含みます。

DITは、食事を摂ることで消化器官の働きが活発になり、その後数時間代謝が高い状態が続き、体が熱を発することを指しています。皆さんはカロリーとは何か知っていますか?カロリーとは、エネルギー(熱量)の単位のことです。1gの水の水温を1度上げる時にかかるエネルギーのことです。食事の成分は、「糖質」「タンパク質」「脂質」「ミネラル」「ビタミン」この5つに分類されます。これがいわゆる五大栄養素というわけですね。このうち、エネルギー源として働くのは「脂質」「タンパク質」「糖質」です。エネルギー源と言っても、1g当たりのカロリーは全て異なり、厳密に覚える必要性はありませんが、脂質が糖質やタンパク質に比べて2倍以上のエネルギーを持っていることは認識しておきましょう。

摂取カロリーとは飲んだり食べたりしたもののカロリーの合計値。もちろんアルコールやおつまみにもカロリーがあります。言うまでもなく、私たちの体を作っているのは食事や飲み物で、カロリーの摂取&消費は、お金の収入&支出に例えると分かりやすく、カロリーの消費が大きくなると痩せます。基礎代謝を固定給とするならば、運動による消費カロリーはボーナスのようなものですね。貯金には地道な努力が必要なのと同様に、ダイエットにも奇跡や偶然はありません。

おにぎり1個食べただけでも約200kcalを摂取することになり、30分のウォーキングと同じになります。あなたはどっちを選びますか?有酸素運動におけるエネルギー源をご存知ですか?最初の20分は糖質からエネルギーを生み出します。ですが、20分程度を境にアドレナリンの分泌量が上がり、脂質をエネルギー源とするようになります。食事を制限して体脂肪を落とす方法もありますが、筋肉量も減ってしまう難しさがあるのに対して、有酸素運動の正しい知識があれば、効率よく体脂肪を減らすことができます。あと、食事制限ダイエットをした場合でも筋トレはしっかり行いましょう。筋肉量の減少はやむを得ないので、筋トレで現状をキープすることが不可欠です。食生活をコントロールすれば上手に体脂肪を落とせます。食事で得るカロリーを減らすことも重要ですが、糖質量を意識する事が重要です。糖質が足りないと、筋肉が分解されてしまうので、糖質の減らしすぎには注意が必要で、適度に摂取した方が良いのです。理不尽にも思える考え方ですが、体脂肪を減らしたい方は覚えておくと良いでしょう。糖質の量を今とりすぎているのであれば減らすことは必要ですが、不足する程減らすのはNGという事ですね。

脂肪をより早く落としたいのであれば漢方薬もおすすめですね。脂肪を落とす&燃焼するなら防風通聖散が第2類医薬品として有名です。

代謝をアップさせる効果があり、脂肪を落とすだけでなくむくみ改善やのぼせにも効果があって代謝が上がるので普通に健康になれます。筋トレなどの運動と併せるとより効果的ですが、飲むだけでも薬ですので効果があります。ただ、薬ですので副作用があり、個人差もありますね。

特に私がおすすめするのはアインツトルぺさんの防風通聖散「生漢煎(しょうかんせん)」です。あわせて読むとおすすめなサイト⇒しょうかんせん【防風通聖散】の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です